葵について ABOUT AOI KYOTO STAY

京都という町を体感してほしい。

鴨川邸のドア
鴨川邸のドア
鴨川邸のドア。骨董の家具をリメイクした。

「葵 KYOTO STAY」と「葵 HOTEL KYOTO」のある場所は、老舗旅館や料亭が軒を連ねるその隣や、東山の名刹のすぐ近くなど、どこも京都らしさのある町中。そして到着してみると一見してステイ施設とはわかりにくい外見もあって、友人宅を訪ねてきたような感覚を覚えます。
この玄関のありよう、それが「暮らすように京都を感じてほしい」という葵 STAYのこだわりを体験していただけると思います。この扉の向こうに待っているのは、同じ体験を沢山の人と分かち合うのではない、あなただけがあなたの感性で感じる、個性ある京都での時間です。

はじまりは
自分自身の感性、そして体験から。

鴨川邸からの桜の眺め。 鴨川邸からの桜の眺め。

「葵 KYOTO STAY」と「葵 HOTEL KYOTO」のオーナーである根岸良子は、経営コンサルタントとして京都へ通ううちに町の文化の深さに魅了され、住居兼仕事場として町家を改造して住み始めました。日本文化に造形の深い友人のアレックス・カーが訪ねてきた折、古いものを再生させ、自分の感性で集めたしつらえを見て「ここに滞在したら、京都や日本をより深く感じられる」と言った一言が、根岸の運命の扉を開きました。京都で自分が感じたように、暮らすような滞在を提供したら、きっと豊かな旅になる———それが一棟貸しの町家ステイの始まりでした。

自由に、
そして自分らしく楽しむ感動を。

鴨川邸のドア 鴨川べりのステイには贅沢な光景が。

過剰なサービスや余計な接客ではなく、自分らしく楽しめる時間と空間をご提供することが町家ステイの最高のおもてなしです。
町に溶け込んだステイ施設の扉を開くと、そこに待っているのはラグジュアリーなこだわりの空間。町家の柱や梁、構造を活かして新しく作りかえられた部屋には、北欧家具や李朝の古い箪笥、屏風絵など、感性豊かな調度品が並び、窓から見える景色は京都に住まない限り見えない景色が広がります。完璧で上質な空間と場所こそが、心を緩ませ、くつろぎを感じていただける最大のサービスだと考えています。

刻々と進化する、
京都という文化のなかで過ごす。

「葵 HOTEL KYOTO」201号室の数寄屋 「葵 HOTEL KYOTO」301号室の数寄屋。

鴨川べりにある「葵 HOTEL KYOTO」はこれまでと違うホテルスタイルのステイ施設ですが、これもまた葵ステイならではのこだわりに溢れています。3階には中村外二工務店の手がけた数寄屋づくりの部屋の他、モダンな部屋に骨董を取り入れるなどのやはりここでしか見ることのできない景色がしつらえられ、京都のこれからの楽しみ方をご提供しています。
古いものと新しいもの、洋の東西を問わずに良いものを取り入れつつ常に感性が豊かであることを誇りとする、そして伝統を紡いできた京都らしさを感じていただける、葵ステイならではのこだわりです。

ここが、何気ない時間も京都らしく過ごせる、
あなただけの場所でありますように。

京都なじみの風景

宿泊のご予約

RESERVATION

  • 宿泊タイプ
  • 宿泊
  • 日数
  • 人数

宿泊予約の確認とキャンセル

お電話でのご予約・お問合せ
075-354-7770

宿泊プランはこちらから