葵 ピックアップ AOI PICK UP

2018.09.20

葵ホテル京都プレミアム オープン

何度訪れても新たな発見のある京都から、新しい旅の形を発信したい。
そんな想いから、これまでに葵KYOTO STAY(町家ステイ)・葵ホテル京都が生まれ、このたび新たに葵ホテル京都プレミアムが誕生しました。 

客室は全5室。まるで隠れ家のような佇まいで、京都の中心地に居ながらもどこか落ち着く空間が広がります。
町家で過ごすようなプライベートで我が家のような温もりと、ホテルの利便性や快適性が備わった他にはない京都の過ごし方がここにあります。
鴨川沿いの部屋からは、東山・鴨川を望む風景が広がり、窓際の特等席でゆっくりと心を癒されてみてはいかがでしょうか。

木屋町通りに面するお部屋は、使い勝手の良い落ち着いた空間になっており、屏風絵などのアートを鑑賞したり、共有スペースの屋上テラスで一息ついたりと、思い思いにお過ごし頂けます。

葵ホテル京都プレミアム オープンイメージ1
葵ホテル京都プレミアム オープンイメージ2
葵ホテル京都プレミアム オープンイメージ3

●サポーズデザインオフィスによるデザイン
国内外で数多くの賞を受賞する谷尻誠氏、吉田愛氏率いるサポーズデザインオフィスによるホテルデザイン。
部屋に入るとキッチンから小上がりを上がり、東山の景色に向かって奥行のある空間は、土間から室内へと繋がる まるで京都の町家を思わせます。
細部にまでこだわったスタイリッシュな空間の中に、どこか居心地の良さと温もりを感じるのはそのせいかもしれません。

葵ホテル京都プレミアム オープンイメージ4
Tags

2018.08.06

京都の夏のすごしかた

例年になく日本各地で猛暑がつづいています。京都でも盆地特有のむしむしとした日が続きますが、そんな中でも暑さに負けない “京都の夏のすごし方” をご提案いたします。

  • 1.早朝に京都を散策

夏の京都では、早朝の観光が断然おすすめです。いつもは人で溢れかえる二寧坂や産寧坂も朝の6時には人もまばら。清水寺(6時開門)もほとんど貸し切り状態です。
朝方の涼しい時間にゆっくりと東山を散策してみてはいかがでしょうか。
看月亭、閑雲庵にご宿泊のお客様は、哲学の道や南禅寺などの散策もおすすめです。

京都の夏のすごしかたイメージ1
京都の夏のすごしかたイメージ2
京都の夏のすごしかたイメージ3

2.すずしい室内で贅沢なひととき
カンカン照りの日中は、町家やホテルでひと休み。
鴨川を眺めながらお茶をしたり、読書やお昼寝など、思い思いにお過ごしください。
お部屋で受けるマッサージや、近くのスパにお出かけ頂くのもおすすめです。

京都の夏のすごしかたイメージ4

3.涼を感じる川床で夕食
過ごしやすい夜は、川床にお出かけされてはいかがでしょうか。
鴨川沿いのレストランでは、川床でのお食事が楽しめます。三条から五条までの木屋町通りには、老舗の料亭からイタリアン、フレンチ、バーなど、多彩なレストランが軒を連ねます。
暑い夏を楽しむ為に生まれた川床は、京都の夏の風物詩です。この時期にしか体験できない思い出のお食事となるでしょう。

京都の夏のすごしかたイメージ4
Tags
,
1 / 212

宿泊のご予約

RESERVATION

  • 宿泊タイプ
  • 宿泊
  • 日数
  • 人数

宿泊予約の確認とキャンセル

お電話でのご予約・お問合せ
075-354-7770

宿泊プランはこちらから